岡山の里山から有機野菜・有機米を産地直送。人参ジュースなどの無添加の加工品の製造・販売。収穫体験、手作り水飴キットなど、家族が幸せになれる食品を、自信をもってお届け致します。
里山農場 岡山 無農薬野菜・無農薬米を農家直売
トップページ > 里山農場日記 > 農作業(6月9日)

農作業(6月9日)

今日の作業は、トマトの脇芽採り、トウモロコシの剪定、麦芽作りです。

 

トマトの脇芽はどんどん出てくるので、収穫が終わるまで続く作業です。

 

トウモロコシにはアワノメイガという虫がつき実を食べてしまいます。

 

農薬を使わずに食害を防ぐにはあらかじめ幼虫が生息している場所を

初期の段階で除去しておく必要があります。

 

成虫は雄しべの付近に卵を産み、孵化した幼虫は雄しべ付近の茎を食い荒らし

実のほうへ広がっていきます。

 

変色した茎を切り開いてみるとこんな虫がいます。

20120613102534

 

食害が広がる前に処置しておきます。

20120613102807

 

トウモロコシの隣では枝豆が育っています。

20120613103200

 

だいぶ実が膨らんできました。

 

トウモロコシと枝豆はコンパニオンプランツの効果があるといわれているようです。

 

 

 

 

午後からは麦芽の製粉作業です。

 

今月の現代農業に里山農場の麦芽が記事になっています。

 

麦芽は水あめを作るのに使用します。水あめの作り方はこちら

 

人間の体は植物とは違い元素をそのまま吸収することが出来ないので

なるべく精製されたものは控えたほうが良いといわれますね。

 

水あめの甘味はデンプンです。その点、精製された砂糖よりは水あめのほうが体に良さそうです。

 

 

まずは芽が出て乾燥させた麦芽の芽を機械で取ります。

20120613104225

 

その後製粉機で粗びきにします。

20120613104304

 

これで麦芽が使える状態になります。





information.png
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。